トイレの水漏れが起こったらまず行う事

トイレの水漏れが起こったらまず行う事 トイレは毎日何度も使用しますので、日常生活になくてはならない場所です。何らかの原因でトイレ 水漏れが発生してしまったら、まずは焦らず状況判断を行います。まだ使用できるから大丈夫、もっとひどくなったら対処しようと放置する人も少なくありませんが、トイレをはじめ、水周りの修理は初期段階で改善することが重要なポイントです。トイレつまりであれば慣れているという人も多いですが、水漏れとなると原因によって対応も異なり、素人では対処できないケースもあります。また水浸しになってしまった場合はパニックになって適切な対応ができなくなってしまう可能性もあります。まずはトラブル改善の為に、どのような段取りを踏めば良いのか理解しておくことが肝心です。

■まず最初にするべきこと

トイレの水漏れが起こってしまうと、トイレが使えなくなり非常に不便です。家族がいる家庭ではその人数だけ不便さが倍増しますので、早急に対応しなければいけません。ただし、いきなり水道業者を呼ぶのではなく、最初にするべきことがあります。それは、速やかに水道の元栓を閉めることです。それ以上水が漏れてこないようにしておいてから、修理についての対処や業者を呼ぶことが先決となります。水漏れは見た目にはチョロチョロと大したことではないように見えても、原因がもっと深い場所にある場合には、大きなトラブルになってしまう恐れがあります。特に、アパートやマンションの2階以上に暮らしている方は、階下への影響も考えられますので、二次災害を防ぐ意味でもまず最初に元栓を閉めるということを覚えておきましょう。

■冷静に対処することが大事
トイレの水漏れは、戸建てであっても集合住宅であっても、他への影響が懸念される種類のトラブルです。ご近所や階下の住民に迷惑をかけた場合には、高額な修理費用の負担や、賠償請求され裁判沙汰にまで発展してしまう可能性があります。水漏れを発見したら、まずは元栓を閉めてから、落ち着いて対応することが大切です。躊躇して何もしなかったり、逆にパニックになって自分で直そうとして悪化させてしまうと、簡単に直るトラブルであってもより複雑になってしまいます。原因を解明し、適切な対応をすることが修理において最も大切なことですので、そこを理解して、焦らず落ち着いて対応できるように、強いメンタルを持つようにしましょう。

■水道修理業者に連絡をする

元々利用している信頼できる修理業者がある場合、そこへすぐに連絡して来てもらうようにします。特定の修理業者はないという場合には、その時間に対応可能な修理業者を検索して連絡を行いましょう。修理業者の選び方としては、ポストに入っているちらしやマグネット広告をとっておく、電話帳から探す、ネットで検索する等の方法があります。いずれにせよ、状況を説明して無料見積もりが可能であれば予約をし、できるだけ早く見てもらうように段取りをしてもらいます。長くトイレが使用できないのはとても不便なため、迅速に対応してもらえるかどうか、電話での対応の仕方、見積もり内容等、総合的に判断をして最終的に納得できる見積もり、対応だった業者に依頼するようにしましょう。

■まとめ
トイレの水漏れが起こったら、まずは落ち着いて水道の元栓を閉めます。元栓の場所は戸建て、マンションでも異なりますので確認しておきましょう。元栓を閉めて応急処置をした後、修理の専門業者を探して連絡をします。焦らず、まずは現場に来てもらって調査を依頼しましょう。対応が早く、無料見積もりをしてくれる業者を選ぶことがポイントです。見積もりをしたからと必ず契約しなければいけない訳ではありませんので、原因を解明することが先決となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース