トイレが水漏れする原因とは

トイレの水漏れが起こる原因には、大きく分けて部品の劣化、亀裂、破損等があげられます。主にタンクに繋がる給水管や、排水管、タンク内にある配管、止水栓等、パイプによる場合がほとんどです。それは和式も様式もほぼ共通しており、水漏れが起こった時はこの4つの箇所をチェックすることで原因を解明することができます。まずはなぜ水漏れが起こるかを特定することで、次に何をしたらよいか判断できますので、落ち着いてトイレ内を確認し、原因究明に努めましょう。

■トイレタンクの水が漏れる場合

和洋式どちらも水漏れが起こりやすいのがタンクです。水がチョロチョロ流れている、止まる気配がない等の現象がある場合に考えられる原因は、タンクの中にある浮き玉やボールタップのトラブル、バルブ系のパッキンの劣化、または損傷があります。これらの部品は時間と共に劣化しますので、長く使えば使うほどトラブルが起きやすくなります。タンクのフタを開けて、パッキンが割れている、あるいはフロートバルブやピストンバルブが損傷していると目視できるようであれば、それが原因と考えて良いでしょう。時々、部品が外れていたり引っかかって上手く機能していないというケースもあります。修理が不要な場合もありますので一度確認をしてみることが大切です。

■給水管・排水管の水が漏れる場合

給水管は、タンクに水を供給するパイプのことを言います。壁からタンクに繋がるパイプのつなぎ目、またはバルブのあたりから、ポタポタ水が垂れていたり、水が噴き出して止まらない等の現象が起こります。この場合の原因としては、つなぎ目が緩くなっている、パイプそのものが劣化、またはゴムパッキンが劣化、損傷していることにより水が漏れてきます。排水管は、タンクから便器に繋がるパイプのことを指し、排水管 水漏れなどの現象に加えて便器に水が流れにくくなるという現象も起こります。原因はやはり緩みやゴムパッキンの劣化等の可能性がありますので、適切な対処を行う必要があります。

■まとめ
トイレの水漏れの原因は、タンク内は浮き玉、ボールタップ、バルブのパッキンの劣化が考えられ、給水管・排水管では配管のナットの緩み、ゴムパッキンの劣化、損傷、配管そのものの劣化等があげられます。古い部品を使っているとどうしても時間と共に劣化していきますので、トイレの水漏れが発生した時は、これらの原因をまず疑うと良いでしょう。原因となる箇所を知っておくことは非常に役立ちます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ