トイレの水漏れトラブルの種類

トイレの水漏れトラブルは1つに限らず、トイレ内でも色々な箇所からの漏れが考えられます。水漏れが発覚したら、まずは元栓を止めることが大切ですが、その後はどこから漏れているのか、原因となる場所を確認しておきましょう。修理業者に相談する場合に話がスムーズに進みますので、対応も早くなるメリットがあります。その為には、トイレの水漏れが起こりやすいトラブルの種類について知っておくことが大切です。

■便器内での水漏れ

トイレの水漏れで多いケースは、便器内でチョロチョロと水が流れる現象です。これはタンク内に原因がある可能性が高く、原因が解消されない限り水が出続けてしまいます。少ない量でも、ずっと水が流れている音がしており、水道代にも影響することがあります。または、トイレが何らかの原因で詰まっていて、水が流れなくなって溢れてしまう場合です。このケースでは詰まりの原因が解消されれば問題も解決しますが、詰まりがなかなか解消されない場合はその間トイレが使えず、修理も難しくなる可能性があります。どちらにせよ、便器内の現象ですので溢れると衛生的にもよくありません。そのため、発生したらすぐに詰まりの原因を突き止めて、対処しなければいけません。

■排水管、止水栓からの水漏れ

トイレの床が湿っているという場合は、便器やタンクをはじめ、排水管の損傷や亀裂が考えられます。すぐにトイレ内の止水栓を閉める必要がありますが、この止水栓からも水漏れすることもあります。止水栓から漏れているという場合には、水道の元栓を閉めて対応します。トラブルの原因は様々ですが、漏れの度合いによっては勢いよく出てくることもあります。このような時は床が水浸しになり、ひどい場合には階下にまで影響を及ぼしかねません。加えて、元栓を閉めることで家中の水が使えなくなりますので、生活にも支障をきたしてしまう為、迅速に修理業者に依頼する等の対応が必要です。

■まとめ
トイレのトラブルには、便器内の漏れやタンク、排水管、止水栓からの水漏れ等が考えられます。軽い漏れ現象であっても、後に大きなトラブルに発展しない為にもできるだけ早く対応することが大切です。床が水浸しになる程の大量の水漏れの場合には、階下への二次被害も防がなければいけませんので、すぐに水道 修理業者に連絡をして原因を解明して修理を依頼するようにしましょう。どのようなケースでも、早急に対応することが水漏れトラブルの原則となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ