トイレのタンクからの水漏れを放置するリスク

トイレのタンクからの水漏れも起こりやすいトラブルの1つです。貯水タンクのフタのあたりから水が伝っている、またはレバーが空回りしてずっとチョロチョロと流れる音がしている、タンクとパイプの接触部分から水が漏れ出ている等、様々な状況が考えられます。水漏れに気づいていても、微々たる量で放っておけば自然に止まるかもしれない、あるいは、忙しいから時間ができた時にと放置してしまうと、大きな後悔をしてしまう可能性があります。

■水道料金が高くなる

水漏れに気づいていながらそのままにしていたり、ビニールテープを巻いて応急処置をして安心していると、後で驚く程高い水道代を請求され、結果的に修理を先にしておいた方が安くついたというケースもよくあります。タンクからの水漏れには様々な種類や要因がありますが、いずれにせよ水をずっと使っている状態となりますので水道代が発生します。最初は微量な水漏れであっても、漏れというのは徐々に広がり、増えていくのが一般的です。少しだからと油断していると、気付けば床が水浸しになる程量が増えて悪化してしまう危険性があります。高い水道代は請求され、修理代もかかってしまうと相当額になってしまいますので、水漏れは気付いたらすぐに対応する必要があります。

■トイレの床が腐る

トイレの床が少し湿っていると感じる場合は要注意です。タンクの後ろ側やどこからか水が伝って床ににじみ出ていると、防水加工されていない床の場合にはカビが発生したり腐食が始まる危険性があります。クロスを貼っている床の場合でも、湿気でどんどん剥がれてきて、床へ確実に影響を与えます。水が入り込んだ床材からどんどん腐食が進んでしまうと、床材の下まで影響を及ぼすかもしれません。目に見えない場所へ侵食が始まると、シロアリが巣くうようになり、家を支える内部の柱も食い荒らされてしまいます。小さな水漏れが原因で、大きな修理が必要になってしまうこともありますので、どんな水漏れであっても早急に対処するように心がけましょう。

■まとめ
トイレのタンクからの水漏れも起こりやすいトラブルですが、これを放置しておくと後に大事になってしまうことがありますので、気付いた時点で専門業者に相談することをお勧めします。原因が特定できれば修理もすぐにできますし、費用も最小限で済みます。面倒だからと後に延ばすと水道代が高くなったり床が腐ったりと悪い影響を及ぼす可能性があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ